2007年04月03日

コブクロ 未来への帰り道

作詞・作曲 小渕健太郎



いつもと違う帰り道 見上げたアパートの窓から
秋枯れ色の シャボン玉一つ
転がるように漂う 独りぼっちの姿がまるで
自分みたいだって 呟き佇んだ


踏み切り越しの空に 壊れて消えた
あの日の胸の痛みが 優しい面影をつれて 蘇る


離れ離れになるまえに もう少しだけ 素直になれたら
もっといっぱいの ごめんねも ありがとうも言えたのに  
今ごろになって溢れ出す 思いが今 涙に変わるよ
ほら 心の曇りもぬぐって 言葉をつなげて



いつの間にか慣れた事の 寂しさにもただ強がって
引き出しの奥に 丸めて投げ込んだ


写真を手で戻せば 頬寄せ合った  
くしゃくしゃ笑顔が なぜか泣いてるように見えてきて 目を閉じた


どこかで途切れたアルバムの白いページに
いつかまた同じ場所で寄り添う 僕達の思い出が並ぶように
足早に変わってゆく時に 流されずに 何が大切なのか
心が気付いているなら また出会えるから



声にならない声が のどのすき間でまた一つ
いつまでも覚えてる 本当のぬくもり 探して



離れ離れになるまえに もう少しだけ 素直になれたら
もっといっぱいの ごめんねも ありがとうも言えたのに 
今ごろになって溢れ出す 涙が今 言葉に変わるよ
ほら あの日からはぐれたままの 想いを繋げて
許し合えるなら あの時あの場所まで  
歩こう 未来への 帰り道を   

Posted by 瓢箪釣人 at 16:06Comments(2)